ワードプレスをインストールする際の注意点

ワードプレスを使うなら、
エックスサーバーに設置するのが、
一番簡単で使い勝手が良いのでおすすめです。

サーバーやドメインのことって、初心者さんには難しいですし、
慣れてきてもブランクが開けば忘れがちになるものです。

特に最初の頃は、たまにしかワードプレスを設置しないので、
一度やってはまた忘れ、また設置しては忘れ…の繰り返しです^^;

そんなワードプレスの設置作業は、
なるべく分かりやすく簡単にできて欲しいですよね。

このサイトではおすすめのサーバーとして、
エックスサーバーをご紹介しています。

エックスサーバー

ワードプレスのインストール方法を始め、
インストールする際のポイントと注意点を、
お伝えしたいと思いますので設定前に読んで下さい。

なぜエックスサーバーがおすすめなのか

エックスサーバーがおすすめ

なぜエックスサーバーが良いのか?というのは、
サーバーのおすすめ記事でもご紹介しましたが、
ワードプレスの設置しやすさもおすすめのポイントです。

最近のサーバーはワードプレス専用のサーバーも出ていますが、
専用サーバーのメリットを差し引いても、
エックスサーバーのほうがおすすめです。

ワードプレス専用サーバーだと、
速度は早いのでページの読み込みが早く、
すぐページが見られるのがメリットです。

ですが、専用でないサーバーだからといって遅いわけでもありません。

ほとんど体感では気にならないほどの違いですし、
サーバーによっては逆に、
Xサーバーのほうがスピードが早いということもあります。

また、ワードプレス専用サーバーは、
設置できるワードプレス数が少ないのがデメリットです。

例えば、カゴヤサーバーやwpxクラウドなどは、
1契約で1サイトしかワードプレスを設置できませんし、
比較的多い「wpxレンタル」でも10サイト分だけです。

ここは注意してほしい点です。

一方、エックスサーバーは、
MySQLというデータベースが50個まで設置が可能なので、
これを全部WPに使えば50サイト分が設置できることになります。

今後、たくさんのサイトを作っていくことを考えると、
10個と50個ではかなりの差が出ますよね。
コスパを考えてもエックスサーバーが優れています。

また、レンタルサーバーはアフィリエイトのサイトの規模や、
ドメイン数、報酬によっても変わってくるでしょう。

例えば、大型サイトで1日のアクセス数が数万ある、
といったサイトならば、
多くの負荷に耐えられることが優先になってきます。

あるいはたくさんのドメインを保有するようになれば、
マルチドメインで、容量の大きいサーバーが必要でしょう。

また、報酬が少ないうちは、
必要最小限で一通りのことができることが重要になってきます。

私は今まで7社つのレンタルサーバーを使ってきましたが、
アフィリエイト初心者~中級者までが使うなら、
エックスサーバーがベストだと思います。

上を見たり、欲を出せばキリはないですが、
初心者でも設定しやすくコストも安く、
バランスが取れているという点でおすすめですね。

エックスサーバーならば、ドメインが増えても、
アクセスが多くなっても、柔軟に対応できます。

「サーバーを引っ越さないといけなくなる」ことは、
よほどのことがないと起こらないと思います。

エックスサーバーで手狭に感じる時が来たら、
それはもうかなり稼げている状態だと思いますよ^^

ワードプレスを設置するときの流れと注意点

ワードプレスをXサーバーに設置する流れですが、
以下のようになります。
※すでにバリュードメインでドメインを取得済とします。

  1. Xサーバーにドメインを設定する
  2. バリュードメインでXサーバーにネームサーバーを変更
  3. 無料SSLを設定する
  4. Xサーバーでワードプレスを自動インストールする

ワードプレスを設置する具体的な方法は、
エックスサーバーの公式サイトで、
詳しく解説されていますのでそちらをご覧下さい。

エックスサーバーにワードプレスを設置する方法
 

やり方はそちらの図解を参考にしていただくとして、
順番や注意点などをお伝えしていこうと思います。

Xサーバーにドメインを設置する

最初にXサーバーに取得済みのドメインを設置します。
※ドメインはバリュードメインで取得している前提です。

次にドメイン会社(バリュードメイン)の管理画面で、
設置するサーバーの「ネームサーバー」を設定します。

ネームサーバーはサーバーごとに違っていて、
どれを入れたら良いか?は、
レンタルサーバーのサイトに記載されています。

一般的に「サーバー情報」などと
記載がある箇所に書かれているでしょう。

エックスサーバーなら以下のように設定します。

・ns1.xserver.jp
・ns2.xserver.jp
・ns3.xserver.jp
・ns4.xserver.jp
・ns5.xserver.jp

バリュードメインでネームサーバーを変更する

ログインしたら管理画面を開き、
ドメイン⇒ネームサーバーをクリック。

バリュードメイン ネームサーバー
 

ネームサーバーを変更するドメインを選択

バリュードメインで取得したドメイン一覧が出ますので、
変更したいドメインを選んで次の画面へ。

バリュードメイン ネームサーバー変更
 

ネームサーバーを変更する

初期設定ではバリュードメインの
ネームサーバーになっていますので、
Xサーバー用のネームサーバーに変更して「保存」します。

ネームサーバー変更

 
間違えないようにコピペして入力しましょう。

・ns1.xserver.jp
・ns2.xserver.jp
・ns3.xserver.jp
・ns4.xserver.jp
・ns5.xserver.jp

 
これでネームサーバーの変更作業は終了です。

ここでひとつ注意点です。

ドメインの設定をしてから、
実際に反映されるまで少し時間がかかります。

 
すぐに反映されないからと焦らず、
数時間~1日くらいは様子を見ましょう。

ドメインが反映されたら、
無料SSL設定を設定しましょう。

無料SSLを設定する

無料SSLはあとからでも設定できますが、
新規のドメインで今からブログを作成するなら、
最初からSSLの設定をしておいたほうが良いでしょう。

注意⇒こちらはXサーバー側で設定します。

新規ドメインの場合

Xサーバーの「サーバーパネル」→「ドメイン設定」を開いて、
「ドメイン設定の追加」のタブを開きます。

ドメイン名を入れ、
無料独自SSLを利用する(推奨)、
高速化・アクセス数拡張機能にチェックを入れて、
「ドメイン設定の追加(確認)」をクリックします。

既存のドメインの場合

すでにエックスサーバーに
ドメイン設定している場合はSSL設定を追加します。

エックスサーバーなら、サーバーパネルの中に、
SSL設定ができる箇所があるので簡単です。

「サーバーパネル」→「SSL設定」を開いて、
「独自SSL設定の追加」のタブを見ます。

左下に「CSR情報を入手する」というチェックがありますが、
これはチェック入れなくてOKです。

あとは、
「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリックして完了です。

ワードプレスを自動インストールする

ワードプレスを簡単に設置するには、
自動インストールするのが一番です。

エックスサーバーでは、
「サーバーパネル」→「WordPressの簡単インストール」を開いて、
「WordPressのインストール」のタブを開きます。

必要事項を記載したら、
「インストール」ボタンを押すだけです。

記載する必要事項の中で、
「ユーザ名」と「パスワード」は変えられませんが、
ブログ名やメールアドレスは後から変えることができます。

ブログ名が決まっていなくても、
適当な名前にしておいて設置後に変更すればOKです。

データベースは自動で生成するのがおすすめです。
適当な文字列と連番でデータが作成されます。

設置が完了したら完了画面が表示されますので、
それを参考にログインしてください。

その際に、データベースなどの情報が記載されていますので、
キャプチャを撮って保存するか、
コピーしてテキストで保存しておきましょう。

IDやパスワードはいつも使うので重要ですが、
そのほかの項目も、必ず保存しておいて下さい。
 

今回は新規ドメインにワードプレスを設置する方法でしたが、
中古ドメインを使う場合は、無料SSL化するのはやめましょう。

せっかく中古ドメインのリンクがついているのに、
その効果がなくなってしまうからです。

最初から無料SSL化するのは、
新規のドメインにしてくださいね。

資産ブログ用設計図の作り方

初心者でも稼げる♪アフィリエイトサイト作成講座


アフィリエイトランキング