ワードプレスの設定方法(classic editor)

エックスサーバーをインストールした後は、
さらに使いやすいように設定をしておくと良いです。

ここでは、記事を書く編集画面を使いやすくする
「Classic Editor」の導入方法について解説します。

慣れないうちは少し難しいと感じると思いますが、
ワードプレスには便利に使えるように、
さまざまなプラグインがあります。

使いたいプラグインがたくさんあり過ぎて、
どんどん入れたいところですが、
プラグインによってはテンプレートやバージョンで、
互換性などの問題があり操作に影響が出ることもあります。

導入の際には十分調べてからインストールしましょう。

「Classic Editor」インストールの流れ

WordPress5.0以上のバージョンになってから、
ワードプレスの投稿編集画面が大幅に変わりました。

操作性としては旧タイプの画面のほうが編集しやすいため、
「Classic Editor」のプラグインを入れて、
見やすい編集画面にしましょう。

  1. ダッシュボードを開きプラグインをクリック
  2. 新規追加をクリック
  3. 「Classic Editor」を検索
  4. Classic Editorをインストール
  5. 「有効化」する

それでは順番に説明します。

1.ダッシュボードを開きプラグインをクリック

ワードプレスにログインしダッシュボードを開きます。

エックスサーバーにワードプレスを設定

「プラグイン」をクリックします。

2.新規追加をクリック

「新規追加」をクリックします。

エックスサーバーにワードプレスを設定

3.「Classic Editor」を検索

右上部にある検索窓(赤枠)に
「Classic Editor」 と入力してください。

エックスサーバーにワードプレスを設定

4.Classic Editorをインストール

ロゴマークは変わる可能性がありますし、
時期によっては上の画像と違う位置に表示されるかもしれません。

プラグインを探すときには、ロゴや表示位置ではなく
「プラグインの名前」をみながら探してください。

エックスサーバーにワードプレスを設定

「今すぐインストール」をクリックしてください。

エックスサーバーにワードプレスを設定

5.有効化します

間違いがなければ「有効化」をクリックします。

エックスサーバーにワードプレスを設定

エックスサーバーにワードプレスを設定

  • 「プラグインを有効化しました」と表示されれば完了です。
  • 「ダッシュボード」をクリックしてください。(TOP 画面に戻ります)

 
資産ブログ用設計図の作り方

初心者でも稼げる♪アフィリエイトサイト作成講座


アフィリエイトランキング