アドセンス キーワード 探し方

アドセンスのキーワードの選び方って
一体どれが正しいの?と思っていませんか?

キーワードについてネットで調べると、
どれもいろんな言い方や切り口で書いていますよね。

ミドルレンジやら、サジェストやら、
専門用語のオンパレードで分かりにくいと思います…。

キーワードの大前提は
「人が検索している言葉を使う」ことです。

ニッチな商品や、ニッチなお客さんのニーズに応えたいなら、
検索されてない言葉もキーワードとしてアリですが、
アドセンスは特に、人が検索する言葉にこだわりましょう。

人気がない洋服は売れないのと同じように、
誰にも検索されないキーワードで記事を作っても誰も来ません…泣

キーワードの選び方も、アフィリエイトの経験によって
取組みやすいものから難しいものまで様々です。

探しやすいキーワードであっても、
みんなが検索する言葉だと、
ライバルが多くて稼ぎにくいです。

逆に、誰も知らないようなキーワードだと、
ライバルは少ないかもしれませんが、
アクセスが少ないのでこれも稼ぎにくくなります。

その両方の中間に当たるようなキーワードを、
自分のレベルに合わせて探していくのがポイントです。

では、難易度別のキーワードの探し方について
ご紹介したいと思います。

キーワードの探し方【基本編】

そもそもキーワードは、タイトル決めに必要です。

検索エンジンはタイトルに入った
キーワードを優先して表示しますので、
タイトルにキーワードを入れなければダメです。

あなたも検索するとき、
興味あるタイトルの記事から順に
開いていくんじゃないでしょうか?

キーワードを含めつつ、読んでみたくなる
魅力的なタイトルを付けるよう意識していきましょう!

ではまず、「人に検索されているキーワード」
の探し方について見てみます。

Googleの検索窓にキーワードを入れて調べてみます。

例えば、「キャットフード」と検索窓に入れてみると

「キャットフード おすすめ」
「キャットフード 安全」

などのキーワード候補が表示されました。

このように、検索窓に1語入力すると、
その後に続く言葉でよく検索されているものが、
候補として複数出てきます。

このキーワードを予測して表示される機能のことを、
「サジェスト」と呼んでいます。

候補の予測は、2語~3語が表示されます。
2語入力すれば、3語目が表示されたりします。

このサジェストが表示されるということは、
ある程度その言葉で検索がされているということです。
なるべく、このサジェストに出てくる言葉が理想的です。

ただし、検索窓に出てくるのは、
検索数がかなり多いものばかり。
ライバルも多くなってきます。

少しでも人を集められそうなキーワードを探すために、
関連キーワードツールというWEBツールもあるので、
参考にしてみてください。

サジェストキーワードで良いキーワードが見つかったら、
次は以下の点について調べていきましょう。

  • アクセスを呼びたい人が集まるキーワードか?
  • ライバルが多すぎるキーワードではないか?

キーワードの探し方【初級編】

初心者の方が取り組みやすいのは、
季節や時期に合わせて集まるキーワードです。

春なら卒業や新生活に関するキーワードだったり、
6月なら梅雨、秋は行楽や運動会。

年末年始なら、クリスマスやお正月など、
時期によって人が検索する事柄って変わってきますよね?

それらに合わせたキーワードで
記事を作成するのがおすすめです。

一度作っておけば、
毎年その時期が来たら検索されますので、
少し手直しして更新するだけでアクセスが見込めます。

なるべく「今年のみのイベント」を取り上げるよりは、
毎年読んでも違和感のない内容にしておくのがいいでしょう。

あとは、ピークシーズンになる3ヵ月~半年前に
記事を作成しておくのがベスト。

というのも、記事を作成して検索エンジンに認識され、
上位に表示されるようになるには数か月かかることが多いからです。

こうした季節ものキーワードはたくさんあって分散するので、
競合しにくいので初心者向きですね。

 
資産ブログ用設計図の作り方


アフィリエイトランキング