主婦でも税金は必要?

アフィリエイト収入が増えてきたら、
税金を払わないといけないのでは?と気になりますよね。

香織香織

主婦でもアフィリエイトで得た収入が
一定以上の金額を超えれば税金が必要になってきます。

アフィリエイト所得が年間38万円を超えると、
確定申告が必要になりますので注意しておきましょう。

所得と収入の違いについて

税金や控除の話をする上で知っておくべきことは、
所得と収入の意味の違いです。

収入はアフィリエイトで得た収入(口座に振り込まれた金額)や、
パートで働いた収入(額面金額)のことです。

アフィリエイト収入の場合は、
得た収入からサーバー代やドメイン代、
書籍代などの経費を引いた金額が「所得」となります。

パートの収入は会社員と同様、
年末調整で会社が処理した後、源泉徴収票で確認できます。
「給与所得控除後の金額」と書かれている部分が収入です。

扶養内を外れるのはいくらから?

いわゆる「夫の扶養家族」から外れて、
自分で保険をかけなければならないのは、
所得が130万円以上となります。

パート所得とアフィリエイト所得を合わせて
年間130万円を超えなければ、
夫の扶養内に入れるということですね。

ただ、ご主人の加入している健康保険組合によって、
扶養を外れる条件は違うので、
一律に130万円という金額だけでは決まりません。

一般的には130万円を超えると、
自分で健康保険料や国民年金を支払わなければならなくなります。

年間所得150万円程度の方なら、
月に約2万円~くらいかかってくる計算となります。

ちなみに、国民年金は16,540円(令和2年現在)で全国一律ですが、
健康保険料は市区町村によって変わります。

年間に30万円くらいになることを考えると、
扶養を外れるギリギリの金額だと損になりますね(汗)

ざっくりですが、
年間所得は180万円以上くらいにならないと、
扶養を外れても損になってしまいます。

とはいえ、アフィリエイトは収入が変動しやすいので、
自分で調整することは難しいのですけどね(泣)

主婦でも確定申告が必要になります

アフィリエイト所得が年間38万円を超えると、
確定申告が必要になります。
それと同時に配偶者控除もなくなります。

青色申告承認申請書を出して記帳するようにすれば、
65万円or10万円の控除が受けられますが、
所得が48万円を超えるようなら確定申告しておきましょう。

さらに所得48万円~133万円までは、
ご主人には配偶者特別控除がありますが、
妻の所得が多くなればなるほど控除が減る仕組みになっています。

そのため、配偶者特別控除が受けられる48万円までと、
配偶者特別控除が受けられる76万円のあわせて114万円を超えると、
ご主人の控除が一切なくなってしまうのですね。

確定申告も最近はスマホから行えるようになりました。
アフィリエイト収入が増えてきたら、
確定申告をして税金面も勉強しておいてくださいね。


アフィリエイトランキング